ニキビループ

ニキビループについて

ニキビループとは、ニキビができて治ったと思ったら、すぐにまたニキビが出来る状態のことをいいます。ニキビは、ホルモンバランスや、食生活、ストレスなどが原因で発症します。自己流で赤いニキビは治せても、この繰り返すニキビ、つまりニキビループからは、なかなか抜け出せないことが多いです。それは、隠れニキビが原因と言われています。隠れニキビは、炎症で赤くなったニキビの周囲にあります。目に見えないほどの毛穴の詰まりが原因で、これはそのうち白ニキビや黒ニキビになります。これがさらに進むと、繁殖したアクネ菌がきっかけとなって、赤いニキビに成長するのです。つまり、目に見えないこの赤ニキビの前段階である、隠れニキビを治さないことには、ニキビループからは抜け出せないということがわかります。


ニキビは、医学用語で尋常生ざ瘡と言われ、歴とした皮膚科疾患です。ニキビができる原因は、まず皮脂の分泌が盛んになっていることが挙げられます。女性では、男性ホルモンと女性ホルモンとのバランス崩れが原因となります。また、脂っこいものを食べすぎても出来ます。次に、肌のターンオーバが遅れることが原因に挙げられます。ターンオーバが乱れると、不要な角質が毛穴の出口を塞ぎ、細菌の繁殖、垢の溜まりを促進させてしまいます。最後に、アクネ菌が繁殖することが原因に挙げられます。アクネ菌は常在菌ですが、異常繁殖した場合は、炎症をもたらします。ニキビにも種類があります。まず、隠れニキビと言われるニキビは、微小面ぼう、白ニキビ、黒ニキビがあります。そして、一般的に言われる炎症を起こしたニキビは、赤ニキビといわれます。


ニキビループから断ち切るには、隠れニキビを治す必要があります。これは自己流ではなかなか治すのが難しいので、皮膚科で相談することをおすすめします。ニキビ跡を作らないように、ニキビが出来にくい肌へと導いてくれます。皮膚科では、ビタミンCや、外用レチノイド薬、抗菌薬などを症状に合わせて処方してくれます。また、ニキビのための薬用石鹸なども市販されているので、試して見ることをおすすめします。大切なのは、毛穴の洗浄力、よく泡立つこと、保湿力があることです。毛穴洗浄は、ニキビ治療の基本です。そして、泡で洗うことで、肌を傷つけずに、ニキビ肌の炎症を抑えます。また、過度の洗浄は、肌を乾燥させ、皮脂の分泌を刺激してしまいます。よって保湿力も重要です。これらのポイントを抑えた洗顔石鹸をおすすめします。