ニキビ 洗顔

夏はやっぱりニキビ化粧水

夏は汗をかいて肌もオイリーになりやすいです。だから、洗顔や化粧水をさっぱりタイプのものに変えるようにしています。逆に、冬になると、乾燥が気になる季節なので、さっぱりタイプのものよりもしっとりタイプのものを使うようにしています。このように、季節によって使い分けることによって、自分の肌のコンディションにあったスキンケアをすることができます。夏はニキビも気になるので、ニキビ化粧水を使うようにしています。ニキビ化粧水は突っ張りやすいと思っている人もいるかもしれませんが、最近のニキビ化粧水は改良がされているので、そんなに突っ張らずに気軽に使うことができます。今まで、いろいろなニキビ化粧水を使用して生きて、試行錯誤していました。なぜなら、夏はニキビがでやすいですが、冬には乾燥するので、肌を整えるのが難しいからです。


あまりさっぱりしすぎても夏場も乾燥するので、肌がパリパリになってしまいます。夏は、エアコンや扇風機で肌の乾燥が進みます。だから、夏でも肌が乾燥するのです。夏場のお手入れも冬と同じようにきちんとしないといけません。夏は水で顔をパシャパシャ洗って済ませることもありますが、それではだめだということがよくわかりました。肌の体質が全然違ってくるので、洗顔もしっかり泡を立てて、泡で顔を包み込むように洗わなければなりません。洗顔にしっかり時間をかける必要がありますが、どうしても時間がないという時は、素早く洗顔を済ませたいと思うのが本心です。だから、洗顔石鹸でも泡立ちのいいものを使ったり、洗顔ネットを使用して顔を洗うようにしています。それが時間短縮にもつながって、そのうえ泡で包み込むように顔を洗うことができます。


顔をきれいに洗った後は、今度はスキンケアを徹底的にしなければなりません。顔を洗ってさっぱりしたからその後はほったらかしにしてしまうことも度々ありますが、洗顔により肌の油が抑えられていますので、乾燥しないように、肌の中に水分を入れることが大切になります。肌の水分量を測ったことがある人は分かると思いますが、自分が想像しているよりも肌の水分量は少ないです。冬に乾燥していて肌の水分量が減ることもありますが、夏場でもかなり肌の水分量は低くなることがあります。肌の水分量を上げるためにも、化粧水をしっかりと肌に含ませることが必要になります。化粧水は少しずつ使うのではなくて、たっぷりと使用することで肌への化粧水の浸透もよくなります。そして肌の水分量を上げることにもつながります。