ニキビ跡

気になるニキビ跡はどう直す?

ニキビは青春のシンボルだという人がいますが、ニキビで悩んでいる人には重大な悩みです。ニキビができると気になって触ってしまう人も多いでしょう。触るだけではなく潰してしまう人も中にはいますが、ニキビ跡のことを考えると、絶対につぶしてはいけません。ニキビができて膿がたまると潰して膿を出したくなってしまいますが、これはニキビ跡を作り中には一生消えないニキビ跡になってしまう場合もあります。ニキビ後を作らないためには、ニキビがどうしてできるのか、何が原因なのか知る必要があります。ニキビは思春期にできるニキビと大人になってからできるニキビがあります。ニキビの原因は年齢によっても違うし、死の人の生活習慣によっても原因は違ってきます。しかし、そのニキビの状態は大きく分けると4つの様相を見ることができます。


皮脂や角質が毛穴に詰まってできるニキビは白ニキビと黒ニキビとがあります。白ニキビは毛穴が詰まったもの、黒ニキビは毛穴が開いて黒い酸化物が詰まったものでニキビの初期段階の状態です。この段階では何もしなくても治ることがありますが、炎症を起こすと赤ニキビになります。赤ニキビは周囲も腫れてきて炎症を起こした状態にあります。さらに悪化すると化膿してしまいます。この時化膿した中心部分には膿を持ち白く見えます。よく潰してしまうのはこの時が一番多いのですが、潰してしまうとニキビ跡になる可能性が大きいのです。膿庖よりも症状が悪化すると膿腫という状態になります。膿腫になってしまうと皮膚の内部にしこりができて触ると痛みが走りますし、熱をもった状態になります。膿腫になってしまったら、皮膚科へ行きましょう。


ニキビの種類は良くわかったと思いますが、できたしまったニキビ跡はどうしたらなくなるのでしょうか。皮膚は約4週間で生まれ変わることは良く知られています。そのサイクルを利用してニキビ跡専用の化粧水を使ってみることをお勧めします。ニキビ跡の種類にもよりますが、軽度のニキビ跡であればこの4週間のお手入れでかなり目立たなくすることは可能です。化粧水だけではなく、ケミカルピーリングやビタミンCの塗り薬でも効果が期待できます。今の時代ニキビも病院へ行って治す時代です。病院を選ぶのは、ニキビ治療をしているかどうかを確認していかなければなりませんが、最近はインターネットで検索したり口コミを利用することで、ニキビ治療が得意な病院はすぐに見つけることができるでしょう。ニキビ跡は、女性でも男性でも悩みの種ですが、ネガティブになってはいけません。まずは、病院で相談することが大事です。